ロジクールウルトラスリムタッチマウスt630を使ってみた感想

こんにちは。@vesperです。

新年ということもあり、マウスの調子が悪かったので、買い換えました。
ついでにマウスパッドも買い換えました。
今日はちょっとだけレビューしてみます。

■購入したマウス
ロジクール ロジクール ウルトラスリム タッチマウス t630
ULTRATHIN TOUCH MOUSE T630

IMG_1035

ロジクール公式サイトの製品ページは下記です。
Ultrathin Touch Mouse T630 – Bluetooth Mouse for Windows – Logicool

amazonの方がだいぶお安くなっていますね。
私はヨドバシカメラで6,000円ほどで購入しました。

選んだ理由

このマウスを選んだ理由ですが、下記をまず優先しています。

  1. 私は手が小さいため、なるべく小さいサイズのマウスが欲しい(大きいマウスは手が疲れる)
  2. 長さや幅はもちん、厚みもあまりない方がよい(ボタンに指が届かない、手首が疲れる)
  3. できるだけ(取り回しが楽)。

とにかく重視する点は全体的な大きさですね~。

上記を満たしてるのがそもそも少ないです。
おそらく、マウス自体がまずは海外の男性の手に合わせて作られてるんでしょう。
そもそもあまり女性向けのものとか、小さいサイズは数が少ないんですよね。
あるとするとモバイル用になることが多いです。

男性でも手が小さい方はいると思いますが、きっと小さいマウスが好きな方はモバイル用を選んでいるのではないでしょうか。

このマウスもモバイル用のため、持ち運び時の不便がないようかなり薄くつくられており、大きさも小さいです。
厚みはなんと約1.8センチ!

(公式サイトより)マウス本体サイズ (横x奥行x高さ)mm : 58.75 x 84.55 x 18.1

価格がやや高めなので、躊躇していましたが、以前のマウスの調子が悪くなったので思い切って購入しました。

しばらく使ってみた感想

総評は個人的には悪くないです。
買い換え時、他に良いものがなければリピートすると思います。

ボタンがひとつ(タッチ式)です。はじめは戸惑いますが、Macbookなどでタッチパッドに慣れてると、なじみやすいです。

タッチ操作でWebページの戻りなど、いくつかのマウスジェスチャ的な動きがはじめから出来ます。
慣れるとタッチパッドに似ていて便利です。

それから、よくある普通のマウスだとボタンとボタンの間にスキマがあるのですが、ここにゴミが入ってしまって気になっちゃうとか汚くなってしまうこともあると思います。
このマウスは表面上ボタンの区切りがないので、そういったことはなくなりますね。

というわけで、Macに慣れていて、マウスが欲しいなーと言う方にはオススメ致します。
Bluetoothなので、Windowsも使えますし、もちろんMacにも使えます。

持ち運び時も薄いのでかさばらないので、仕事~自宅以外にノマド時なども良いかもしれません。
(私はもっぱら自宅デスクトップ用です)

欠点について

充電式であること。メリットでもありますが、デメリットでもあります。
薄さのためだと思いますが、電池式ではないです。

付属のUSBケーブルを使って充電します。(マイクロUSB)これ↓
IMG_1033

これが意外と面倒です。USBからの給電で充電できるのですが、マウスを充電するときはマウスが使えません。
なぜかというと、USBを挿す場所がマウスの接地面にあり、充電時はマウスが浮いてしまいます。
こんなかんじ↓
IMG_1034

それと、PCからのUSB給電とすると、PCをつけているときしか給電できません。これでは作業できないので、PCをつけっぱなしでちょっと外出するときなどに充電するほかないです。

例えば寝ている間に充電する場合は、私はPCを切ってしまうタイプなので、別途電源から直接とらないとならず、ケーブルをもう一本買わないとなりません。

ですが、とりあえずはPCをつけている日中の休憩時間などに充電するか、つけっぱなしのMacBook Proに繋いで充電しています。

欠点を補う長所として、フル充電時間が約1.5時間とかなり短いです。
休憩時間に気がついたときに充電していますが、いまのところ電池がなくなった、ということはないですね。

1分の充電で1時間くらいは使えるみたいです。(上記公式サイトに書いてありました)

というわけで、レビューは以上です。
個人的にはもっと小さな手の人向けのマウスが増えると良いですね!