Skip to main content

これからアナログ写真を撮りたい人へ!トイカメラと一眼レフで使ってるフィルムの話

コスモス02

昔書き途中だったエントリがあったので、今も役立ちそうなので更新して書いてみました。
書いてたら、やたら長くなったので二つに分けます・・・

自分のためにも初心者向けに書いてみますね。(中級者以上の方は読んでもつまらないと思います・・・。)
これからトイカメラを使ってみたい人の参考になれば、と思います。

———————

トイカメラで使っているフィルムとかについて書いておこうと思いますです。
もちろん、トイカメラだけじゃなくて、コンパクトカメラ、一眼レフでも同じことですね。

ちなみにカメラ本体はこちらのエントリでまとまってます。古いですが・・・↓
トイカメラをまとめてみた ← angeli-x blog ++

私がアナログでよく使っているカメラはNikonFM2とLomoLC-A+です。

アナログ写真の楽しさ

デジタル全盛の時代、あらためてなんでトイカメラでアナログ写真かというと・・・

まずなんと言っても「味」。
デジタルでは決して撮れない味があります。

最近はトイデジもたくさん売られていて、iPhoneでもカメラアプリがたくさん出ています。
でも私はフィルムで撮った写真の味のある雰囲気がとても好みなのです。

たとえば↑のコスモスの写真のような何とも言えないレトロな雰囲気、粒子感。

↓のパーフォレーション(フィルムの穴)にまで写したりするなど、こういったことが出来るのが、とても楽しいですよ。
bbf0004

もうひとつのアナログの写真の楽しいところは、現像&プリントするまでどう写ったかわからないところです。
出来上がったプリントを見るとうまくいった写真、そうでないものを一枚一枚見て楽しめます。

欠点はお金がかかるところ。
フィルム代、現像代、プリント代・・・。毎回かかります。

なので、オススメはデジタルカメラとアナログカメラを一緒に持ち歩くことです。
デジタルは失敗を恐れなくて良いのが一番魅力ですね。たくさん撮れますし。
デジタルカメラで練習して、同じ場所でもう一枚アナログ写真を撮ると良いと思います。
露出やF値もデジタルでわかりますし、失敗も減り、便利ですよ。

■ネガとポジ

まず、フィルムは【ネガフィルム】【リバーサルフィルム(ポジフィルム)】ってのがあります。

ネガフィルムって言うのはよく使われる、茶色っぽいシートに、白黒反転された画像が写るやつですね。
普通のフィルムって言うとこちらを思い浮かべる人が多いと思います。

リバーサルフィルムは、白黒反転されないで写ります。(だからポジ)
一般的にはリバーサルフィルムの方が高価で、現像代もネガフィルムより高いです。

クロスプロセス現像にはリバーサルフィルムを使って、ネガフィルムの現像液で現像します。
だからクロス(交差)なプロセス(行程)。

クロスプロセスも通常の現像よりお金がかかります。

■ISOについて

フィルムにはISO(感度)があります。
イソとかアイエスオーとか言ったりします。

100とか400とかいう数字がフィルムのパッケージやフィルムに書いてありますね。
これがISOです。

簡単に説明すると数字は、光の感度の強さみたいなものです。
数字が大きいと、多少暗い場所でもちゃんと写る、と思えば良いです。

ただし数字が増えれば価格も上がります。

  • 50=快晴~晴天~曇りの屋外用
  • 100=昼の屋外用
  • 400~800=室内など多少暗くてもだいじょぶ!800の方が強いよ!
  • 1600=夜でも撮れちゃう!

みたいな感じです。

要するに、100だと室内ではうまく撮れないと言うことですね。
400や800でも撮り方を失敗したり、暗すぎるとうまく撮れませんから気をつけましょう。

もちろん、夜でも強い照明があったりするなら話は変わります。室内でもスタジオの強い照明とか。
つまり、光の強さで変わります。

まとめると、天気や、撮影する場所でフィルムを変える(あるいは撮り方を変える)必要があります。

■消費期限

フィルムには消費期限があります。
使えなくなるわけじゃないですが、色などが変わってしまいます。

フィルムの表面の粒子が化学変化しちゃうそうです。
暗くて涼しい場所に保管しておきましょう。

トイカメラなら、いいカンジの味に撮れるかもしれませんが、綺麗な写真をお好みなら、消費期限内に使っちゃうと良いですよ。

私は期限切れてても気にせず使ってしまいますが・・・思わぬ事故を避けるなら使わない方がいいかもです。

というわけで続きは次回!

トイカメラ付きの雑誌「Loveトイカメラ」

P1030702

ヴィレヴァンに売ってたんで、ついつい買ってしまいました。
一瞬はやりのトイカメラ系雑誌に見えたんですけど、よくみたらカメラ付きでした。

Vivitar WIDE & Slim と同じカメラがついてきて2300円とは・・・・・安いじゃないですか・・・!
しかもクローバーさんですと・・・・かわいいじゃないですか・・・・。
カメラだけで3000円くらいした気がしますので、お買い得です。

WIDE & Slim は私もすでに持っていて、撮った写真があります。
↓こういう感じです、プラスチックレンズでトイカメラらしい写真が撮れます。
000030

ちなみに雑誌的な部分には、カメラの説明と、撮り方のコツなどがちょっと書かれています。


フィルムも35ミリのフィルムなので、富士フイルムのでしたらコンビニにも売っていますし、ヨドバシカメラや町のカメラ、写真屋さんなどで購入できます。
初めて買う人にはお勧めのカメラなので、トイカメラはやってるらしいけどどうしよーかなーなどと迷っていた方にはおすすめです。
ちなみに、ヴィレヴァンでAGFAやSoralisといった、トイカメラ向けのフィルムも売っていますので、一緒に買ってもよいと思います。(ちょっと高いですが)こういったフィルムを使った場合、普通のカメラ屋さんや写真屋さんに現像に出すとせっかくの色合いが自動色補正されてしまいますので、ラボ付きの現像ショップに持って行きましょう。
都内でしたらモノグラム、ポパイカメラなどがおすすめです。

ほかの私が撮った写真はこちら。
vivitar wide & slim – a set on Flickr
WIDE&SLIMのカメラは、ほかにもいろいろなカラーリングで発売されていますので、気に入った色を選んで買うのもいいと思いますよ!

LUMIX GF1を買いました!

GF1

本当はレンズを買うつもりだったのに、気がついたらパナソニックのルミックスGF1を買っていました・・・w
前から気になっていてお店に行くたびにさわっていたので、迷ってる分もったいないと思って買ってしまいました・・・。
純正のストラップと速射ケースも一緒に購入しました。

結論から言うととてもイイカメラです。
扱いやすいし、UIもわかりやすいかな。なによりも小さいのがとても良いです。

トイカメラやコンパクトデジカメを使っていて、一眼レフにチャレンジしたいナーと思っている人にはお勧めのカメラです!あと、写真は色々撮りたいしコンデジはそろそろ卒業したい、でも一眼レフのようなごつくて重いカメラはちょっとなー・・・などと思っている方に最適!

とにかく本体は小さいのが魅力ですね。私の所有してるEOSKissX2は、一眼レフの中でもすごく軽い方なのですが、本体とレンズをあわせるとやはりレンズ自体もそれなりに重たいため、私のように文系人間ですと体力が無くて撮影一日するとへとへとになっちゃいます。
そんなかんじで普段は持ち歩けないのですが、GF1は一日持ち歩いても全く苦にならない重さというか・・・。これなら街並を撮るのも楽そうです。女性にも良いと思います。

それと、レンズもマイクロフォーサーズなので、普通の交換レンズより小さいです。パンケーキレンズだと本当にコンデジみたいな見た目になりますね。
でもこのパンケーキレンズが良いので、買うときは是非パンケーキレンズキットを買うのがオススメです。F1.7の明るいレンズなので、ボケがかなりでて、雰囲気が出ます。

散歩して撮影してきた写真を掲載してみますのでご覧ください。
今回はサンプルの意味合いが大きいので、あまり普段の作品のように現像で色を調整していませんので、写りそのままです。

↓これはボケ味のテストです。金網がきれいにぼけてますね。
ボケ味のテスト

↓赤い葉っぱを青空をバックに撮影。色のコントラストもきれいに出ています。
赤い葉

↓トマト。赤い色もきれいに表現されています。
トマト

↓緑の葉っぱ。
はっぱ

↓中距離風景。
信号機

↓風景はこんな感じです。
駅

レンズは全部20㎜F1.7のパンケーキレンズで撮影しています。
↓その他の写真はこちらです。
20091223_GF1もってぶらぶらする – a set on Flickr

動画は、ハイビジョンサイズの物が撮れますが、かなり容量が大きくなるので、メディアの容量に気をつけた方が良さそうです。動画を撮影したい場合はSDHCカードは16~32GBの物を持っていた方が安心です。
普通に撮影するには問題ないですが、電車など速いスピードの乗り物から外を撮影すると、建物が斜めになりますね。
動画あんまりうまく撮れなくてサンプルが↓これしかないですがまた撮れたら掲載してみます。
ちなみにFlickrにアップすると画質が劣化するみたいです。アップ前はもっときれいです。

速射ケースも一緒に買うのがオススメ!純正のストラップもそろえるととてもかわいいですよ。女子カメラ的にもオススメです。

ちなみに、オリンパスのE-P1やE-P2をなぜ選ばず、GF1にしたのかと言いますと、大きさが小さかったこと、軽かったこと、値段が安かったこと、F1.7のパンケーキレンズキットがあったこと、UI(メニューなど)がわかりやすかったことが主な決め手です。
見た目はE-P1やE-P2のほうが高級感があって良いと思いましたし、性能もあまり変わらないのでだいぶ悩みました。
結果的には後悔していませんし、あとは撮影するときにこだわったり気になるところで選択すればいいかと思いました。店頭で手に取ってみるのが一番ですね。

POCKET DIGITAL CAMERA SQ28m

SQ28m

ここのところイベントの告知ばっかりで、ほとんどブログ更新できてなかったのですがひさびさにカメラネタです。

先日発表されてとても気になっていたトイデジ、POCKET DIGITAL CAMERA SQ28m が発売になったので早速買いに行きました。
先行発売だったようですが、とくにすごい混雑もなくてすんなり買えました。
渋谷のPARCOにいったんですが、DELFONICSの店員さんが朝からお客さんに並ばれてテンパってましたw 落ち着いてお金しまってください・・・といいたかった・・・。

まあそんなわけで無事ゲット。色はレッドにしました。
みためはほんとかわいい!ちっちゃいしキーホルダーみたい。デジタルハリネズミより小さいです。
お値段も6000円と安い。

早速撮影してみました。
気になることは、シャッターの反応速度が偉く遅いです。取った枚数が増えるほどシャッターボタンを押してから切れるまでが長い。長いって言うか、「あれ?押せてなかったかな??」と思うほど遅いですw
そのせいで慣れるまでブレブレになってしまいますが・・・まあそこもトイカメラの醍醐味って感じで(;´Д`)それ故サンプル写真がブレブレですがご容赦ください・・・

それと、一枚撮影すると、撮影モードがデフォルトに戻ってしまうので、その点がちょっと気になるかな。
色合いなどはトイデジらしい雰囲気です。ヴィヴィッドやノイズモードが他にない感じに撮れますね。
あと、撮影中にカメラが動くと画像がAGFA505みたいにゆがみます。
写真が正方形じゃないけど、四角く撮れるのがやっぱりかわいいですねー。

追記:USB充電で、電池は必要ありません。PCにつなぐと充電されます。USBケーブルは付属しています。メディアはマイクロSDカードが使えます。本体にもメモリがありますが、何枚撮れるかは試してません・・・。
充電の持ち具合は、VQ1015と比べると格段に良いです。かなりここは重要かと。エネループのモバイルブースターと付属のケーブルがあれば遠足もばっちりです、きっと。
ちなみにマイクロSDは公式に記述があるとおり、2GBを使う方が安心です。(SDHC認識しないと思います)

↓通常
IMG_0002

↓ビビッドモード(P3)
IMG_0006

↓ノイズモード(P2)
IMG_0005

↓モノクロ(P1)
IMG_0018

↓シャッターの途中でカメラを動かすとこんなふうにゆがんだ写真が撮れます
IMG_0015

動画はやはり味があってとても良いです。デジタルハリネズミの動画より好みですね。
動画もモノクロやビビッド、ノイズで撮影できます。

その他の写真はこちらで↓
SQ28m – a set on Flickr

公式サイト POCKET DIGITAL CAMERA – SQ28m(ポケットデジタルカメラ)

トイデジ デジタルハリネズミ

hari0001

発売前から気になってはいた、デジタルハリネズミですが、ビレッジバンガードの通販で、ボディが白い限定版のを見つけてうっかり買ってしまいました。白が好きなので・・・。
買ったのは、白いボディのハリネズミのイラストが描かれた物です。

デジタルハリネズミは、もともと110フィルムのハリネズミというカメラがあったのですが、110フィルムの生産が終了するため、いずれなくなってしまうこの小さなカメラを、Digitalにしてトイカメラの良さを残そうとしてるカメラです。

なので、写りはかなりトイカメラです。Digitalといっても普通のデジタルカメラのようなクリアできれいな写真は撮れません。
ただ、トイカメラ、トイデジ好きにはかなりいい写真が撮れますよ。ビネット効果(トンネルエフェクト)や、色がちょっとムラがあったり、暗めに写ったりします。あと、ピントも合いにくいです。マクロモードも一応あって、結構近くに寄れますよ。
それから、このカメラの特徴として、音がない動画も撮れます。

ファインダーはあってもほとんど飾りで、ノーファインダーで撮る感じですね。
動画のときは液晶に映りますが、写真のときはわざと撮影時は写らないようになってるそうです。
なので、結構思ってる位置とずれます。VQ1005なども同じですが、撮りたい位置で撮るにはちょっと慣れが必要。

本体以外に必要なのは2GBまでのマイクロSDカードとCR2の電池(コンビニで買うと800円くらい)です。
とりあえず写真を適当にとってみたのでご覧ください。なかなか味のある写りです。

↓これは逆光気味で撮影。フレアが出ています。色むらも結構出てますね。
hari0010
↓屋外で撮影。
hari0002
↓室内でISO800で撮影。全体的に黄色っぽくなります。
PICT0037

その他の写真はこちらから→デジタルハリネズミ – a set on Flickr

気軽に買えるトイデジでは結構良いとおもいます。値段がもう少し安ければいいですが、動画撮れることを考えるとしかたないかなあ・・・。

限定版じゃない通常版のデジタルハリネズミは、通販でも買えます。あとはビレッジバンガードの店頭でも売ってます。
ついに発売!デジタルハリネズミ マイクロSD対応 トイデジ 【30454】

パーフォレーションまで撮れるbbf

bbf0016

先日のLC-Aと同じく長いこと現像せずに置きっぱなしだったフィルムがもう一つありました。こちらはbbf、blackbirdfly(ブラックバードフライ)で撮影した物です。
時期は先日のLC-Aと同じで、立川昭和記念公園などで今年の春、チューリップが満開だった写真などです。

bbfは、最近の仮面ライダー?(すみません、特撮よくわかんない・・・)が持っていて話題になったカメラですね。とても良いトイカメラで、入手もしやすいので、おすすめです。
ただし、二眼という代わった撮影方法で、普通のカメラと違います。ウエストポジション(腰位置)にぶら下げたカメラで撮影します。さらに、左右が逆になるので、なかなか最初は難しいですが、慣れてしまえば楽しく撮れると思います。それと、カメラ内部のパーツを取ると、パーフォレーション(フィルムのあな)のあるところまで写真が写るように撮影できます。特徴的で、普通のカメラはできない写真ができておもしろいですね。
今回の分もパーフォレーションまで撮影した物です。

フィルムはKodakのSUPER GOLD 400を使いました。やや黄みがかっているのが特徴です。LC-Aの写真と比べてみると、カメラ、フィルムの特徴もわかってもらえるかなあ、と思いますがどうでしょう。

その他のbbfで撮った写真はこちら
bbf [blackbirdfly] – a set on Flickr

bbfはAmazon、ヴィレッジバンガードなどで買えますよ~。色もオレンジ、白、赤、青、黒、黄色など、かわいい色がたくさんあります。

LUCKY COLOR 135 カラーネガフィルム

LUCKY COLOR film

トイデジなどを販売してる鈴木商店で、「ラッキーカラーフィルム」というカラーネガフィルムが発売されましたので、購入してみました。
感度は200、36枚撮りとなります。中国のフィルムですね。パッケージも中国語です。きらきらしててゴージャス。

1セット3つで、1,386円 (税込)です。1本約462円くらい・・・AGFAやSolarisよりはちょっと安いかな。
市場動向でISO100や400も発売されるようなので、楽しみです。

サンプルを見ると、かなり”昭和レトロ”な色に仕上がっていて、見てすぐほしくなってしまって、即買いしました。とりあえず6本(2セット)ほど買いました。
これでLC-Aあたりで撮影してみたいと思いますです。ホントは一眼で撮りたいけどもってないし・・・(;゚ω゚)
まだ届いたばかりなので、こんど撮影に行くときに早速使って見ようと思います。

写真のサンプルは鈴木商店さんのサイトで見れます。なかなか良い色合いですよー!
LUCKY COLOR 135 カラーネガフィルム 感度200 36枚撮 3本パック – トイカメラ&雑貨の鈴木商店

それと、アマゾンで購入できます。送料が無料になりますのでおすすめ。

LomoLC-Aの写真追加しました

000035

かなり前から放置しっぱなしのフィルムを発見したので、プリントしてきました。
冬から春にかけて撮った写真がいっぱいでてきました・・・。
半年ぐらい放置してたみたい(;゚ω゚)

上の写真は、葛西臨海公園の観覧車ですね。観覧車を撮るにはよい公園です。周りに何も無いので、空だけを背景に出来るので、きれいに撮れますね。

今回のフィルムはSolaris400です。全体的に黄色っぽい色です。
私はこのSolarisとAGFAのフィルムが好きで、大体この2種類で撮ってます。
ちなみに現像とプリントは自由が丘のポパイカメラさんにいつもお願いしてます。

000012

↑これは立川の昭和記念公園です。
春にチューリップがたくさん咲いてた時期に行って撮ったものです。

000040

↑こちらは、横浜の中華街にある関帝廟の門です。

その他の写真はこちら~。良かったらご覧ください。
LOMO LC-A – a set on Flickr

夏の公園

IMG_0264

ひさびさに立川の昭和記念公園へ行ってきました。
暑かったなー。お盆と言うこともあり、お客さんも少なめ。天気は晴れ~曇りでした。ただ、場所と時間によっては風が少しありました。

日本庭園では桔梗、スイレンが咲いていました。桔梗の花はちょうどきれいに咲いている時期のようで、写真もきれいに撮れました。

それから、鷺草がたくさん植えられてました。時期としてはピーク過ぎくらいかな?ちいさいけど形がとてもきれいな花ですね。

IMG_0582

その他の写真は、下記にあります。最近は厳選して現像してるので枚数は少なめですが、よかったらご覧ください。

2009_0812_昭和記念公園 – a set on Flickr

lomoのミニチュアカメラ

ロモのミニチュアカメラ

ロモグラフィーのサイトで販売されている、ロモグラフィーカメラ4つのミニチュアが発売されたので、早速注文しちゃいました!
届いてしばらく経ちますが、ご紹介。

ミニチュアカメラは、ロモグラフィーのカメラで、下記の4つです。

  • Lomo Lubutel166+
  • LOMO LC-A+
  • FishEye2
  • Diana+

それぞれ、柄や色の違う小さな缶に入っています。缶もかわいいですね。
ミニチュアカメラを携帯電話やカメラにストラップとしてつけるととてもかわいい~!!

ひとつ800円以下くらいです。4種類がセットになってる「キーチェーンセット」もあります。私はキーチェーンセット¥ 2940(税込)を購入しました。
それと、カメラとミニチュアのセットも販売されています。持ってないカメラならカメラとセットで買うのもイイですね。

ロモグラフィーはLC-Aが今年25周年ということで、今年はいろいろなイベントをやっています。
LC-A+の25周年モデルとか発売されていたり、ファンにはちょっと気になる商品が発売になってますので、チェックしてみると良いと思いますよー!

:: Lomography Japan Shop ::
:: Lomographic News ::