秋葉原で蔵元酒粕のパンケーキと十六穀甘酒

こんにちは。Vesperです。

先日、用事がありまして、秋葉原まで行きました。
帰り際、JR線の高架下に、なんだか美味しそうなニオイがするお店があるのを見つけて、ニオイに釣られて入ってみました。

ちゃばら CHABARA AKI-OKA MARCHE」というお店で、日本全国からさまざまな逸品を集めていて、秋葉原で各地の美味しい物や珍味を購入できるところでした。
漬物やふりかけ、ソースやドレッシングなどなど…数え切れない商品が並んでいました。
食品やお酒、調味料が多かったですね。

店内はかなり広くて、ひとつずつチェックしているとあっというまに1時間経ってしまいました。
混雑もあり、少々疲れてきたので、店内に併設されている飲食店に目をやると、入り口付近に緑色の豆から煎っている珈琲屋さんがあり店外への香りもここからでした。
残念ながら、満席だったので、私は別の店に入ってみました。

酒粕カフェの「クラモトスタンド KURAMOTO STAND」です。
新潟清酒「菊水」からつくった乳酸菌発酵酒粕「さかすけ」を使っているそうです。

ということで、酒粕「さかすけ」を使った、パンケーキを食べてみました。
生地はとてもしっとりしており、かなり柔らかく、ナイフで切るって食べるとすぐほろほろほどける感じです。
注文したのはさかすけパンケーキのメープルバター&レモン。

IMG_0546

パンケーキ自体は、ほんのりお酒の味と香りがしましたが、アルコール分はほとんどないような気もします。
ですが、香りや味はそれなりにしますので、お酒の弱い方は注意した方が良いかも。

添えられている生クリームも美味しく、パンケーキにとても合いました。
レモンもついてました。レモンを搾るとさっぱりして違った味わいになります。

サラダがついたランチセットもありましたが、写真はパンケーキ単品です。

こちらは十六穀で作った甘酒。

IMG_0543

この甘酒は私の好みに合っていまして、とても美味しく飲みました。
甘みは抑えめで、ほんのり甘い感じでした。お酒の香りもそこまで強くなかったと思います。
黒米の色で、すこしだけ小豆色っぽくなっていますね。
ふつうの甘酒と違う食感もありました。きびなどのプチプチしたカンジです。
(公式サイトを見ると2/1~からの商品だそうです。)

秋葉原へ訪れた際には、またパンケーキを食べに行きたいです。