アナログお絵かきの工程をご紹介!イラストの描き方の参考に

こんにちは。vesperです。
今日はお絵かきの工程のご紹介ということで、アナログ画材を使って描いてみようと思います。

キャラクターはガールズ&パンツァーの主人公、西住みほちゃんにしました。(ちょうどみてたので…)
アナログの良いところは手軽にはじめられるところですね。

これから絵を描きたいなと思っている人に、絵の描き方や、イラストの描き方の工程がの参考になればと思います。

完成図

Epson_0280

使うもの

スケッチブック

20171209_ワンドロ

  • ロフトで購入したマルマンのスケッチブック、サイズはF0。(B6くらい) いわゆる普通の画用紙ですね。
  • 消しゴム
  • シャープペンシル
  • 芯 0.3 B。 Bか2Bをつかってます。

線画

  • コピックマルチライナー 0.1 ブラック。細部が描けるよう細くて、塗りの時困らないよう耐水性のものを選びます。

色塗り

  • あかしや筆ペン水彩毛筆 彩
  • 色鉛筆

色塗りの道具は、身近にある水彩絵の具、色鉛筆や、水に溶ける水溶性マーカーでも良いと思います。
今回は自宅にあった手頃なもので塗ってます。画材を選ぶのもアナログの楽しいところです。

下書き

ポーズと位置決め

地味で軽視されがちですが、一番大事な工程です!
経験上、ここでしっかりできていないと、最終仕上がりが良くないですね。

1.紙面に納まるように全体のレイアウトとポーズを考えます。
シャープペンシルを使って描きますが、なるべくうすーくアタリを描いていきます。
強く、濃く描きすぎると芯の粉が紙の繊維に入り込んで消せなくなったりヨゴレがひどくなってしまいますので、そのようにしています。

20171209_ワンドロ

はじめに、骨格をかいてみます。これでキャラクターの位置とポーズを決めます。
描きたい物をいれて、紙面に入るかどうかなどのレイアウト目安を考えます。
体の中心線、顔の中心線、腰、おへそ、肩幅、うでの関節、手の位置のだいたいの場所を決めます。

コツとしては、上記のような体の各パーツの重要になる部分、この絵で見せたい場所を中心に考えます。
今回は、女の子のキャラクター絵なので、上半身、特に顔~胸あたりが絵の中心に来るようにしています。
また、ミニスカートなので、すこし足(ふともも)が入るようにしました。

アタリがずれると全てがずれて行ってしまいますので、イメージをしっかりここでまとめます。

2.全体の位置が決まったら、つぎに目の位置と鼻の位置に目安をつけて頭の大きさのアタリを入れておきます。

20171209_ワンドロ

3.ポーズが決まったらいらない線を消します。

描き込む

4.素体を描いていきます。
まずは体のパーツ位置を描き込みます。
特に関節、体の厚み、足の付け根などの位置を他のパーツと比較し、しっかり取ります。
私は手癖で等身を伸ばしがち、肩幅を広く取りがちなので、クセが出ないよう気をつけています。
自分のクセを知るのも大事ですね。

頭は、目の位置と大きさのアタリを入れて、鼻、口、顎、耳の位置をとっていきます。
それにあわせて髪型のかたちをざっくり描きます。

20171209_ワンドロ

5.素体がだいたい描けてポーズが決まったら、服を着せていきます。
素体と服のあいだの空間を考えると良いと思います。しわの寄り方も考えながら描きます。
20171209_ワンドロ

6.顔や髪も描き込みます。
顔は一番重要な場所なので、表情を考えながら、丁寧にかきこみます。
私は右利きで、右側がのびたり開きがちなので、スケッチブックを回転させながら描いてます。

20171209_ワンドロ

下書きはこんな感じ終わりです。

線画

線画をコピックマルチライナーで描いていきます。
コピックマルチライナーの代わりに耐水性のピグマ(PIGMA)もおすすめです。
線画の段階でも筆圧は弱くしてます。細いペンはペン先が潰れてしまうので。

1.重要な場所から描くのが良いと思いますので、顔から描いています。
重要なところ(顔など)はストロークを短くし、少しずつ線を足すように描いています。
数ミリの線を重ねて、少しずつ線を延ばすという感じです。

20171209_ワンドロ

2.体までかき終わりました。スカートは勢いよくひとつのストロークで描いています。

20171209_ワンドロ

3.前髪、髪の毛は目にかけないように描いてみました。
髪の毛は、流れが大事なので、頭の形にそって描きますが、左から右へのストロークが右利きの私には難しいので、スケッチブックをひっくり返して描いてます。
流れがキレないようになるべくひとつのストロークで描いていますが、難しいときはあきらめて流れのほうを優先します。

20171209_ワンドロ

4.だいたい描き終わったら、消しゴムで、少しいらない線を消しますが、顔以外はほとんど消してません。
消しゴムをかける時も、少しずつ繊維を傷めないようになるべくたたくように消しします。

消しゴムはかけ過ぎないようにしないと、紙の繊維がボロボロになってしまうので、なるべくつかわないようにします。
シャープペンシルでのラフを描くとき、薄くするのもこのためです。

5.線画はこれで終わりです。(写真がピンボケでごめんなさい)

20171209_ワンドロ

色塗り

今回は、普通の画用紙なので、水を使いすぎたり、マーカーを塗りすぎるとボコボコになったり、にじみがひどすぎたり、裏に染みたりしますので、なるべく水分は少なく、1度で塗れるのがベストですね。
ですが、それなりに練習が必要なことなので、別の紙で練習したりすると良いです。
苦手な方や初心者のかたは、扱いやすいので水彩より色鉛筆で塗るのがおすすめです。

1.今回は、水彩毛筆彩と水筆、色鉛筆、修正ペンをつかいます。
まずは肌色から塗ります。
紙の白さを活かす塗りにしますので、影になる部分だけ塗ってます。

20171209_ワンドロ

2.髪の毛は、薄い茶色が手持ちになかったので、パレットに描いて水で溶かして水筆で伸ばしながら塗りました。
水をつけすぎると薄い紙はボコボコになってしまいますのでパレット上でうすめてから塗っていきます。
影色になる部分だけ塗っていきます。

20171209_ワンドロ

20171209_ワンドロ

3.同じように服も塗ります。水色をうすめに伸ばしました。
他の部分も同様に塗っていきます。

20171209_ワンドロ

4.濃いめの色は影の部分に置いていきます。
後から少し水筆で伸ばしてます。

20171209_ワンドロ

6.目は細かいので、色鉛筆で描きました。
線画のペンで、目のディテールを描き足したりしてます。

20171209_ワンドロ

7.目のハイライトを修正ペンをつかって入れました。つかったのは無印良品の修正ペンです。
そのほか、薄い色がやや足り無かったので、色鉛筆で少し上から重ねてみました。
ペンで2影色もいれてみました。

20171209_ワンドロ

8.完成です。

Epson_0280

いかがでしたか?
今回はアニメをみながらだいたい2時間くらいで描きました。

みなさんも楽しいお絵かきライフを!

onedraw_miho

「今年買ってよかったもの」2017年

もう12月になってしまいましたね。
2017年ももう少しで終わりというこの時期。
せっかくなので、お題「今年買って良かったもの」を書きたいと思います。

【ゲーム編】

私はひとりで遊ぶオープンワールドのゲームが好きです。
なので、そもそも選びがちですが、今回選んだゲームは日本ゲーム大賞に選ばれたものしかないです。(選んだらそうだった)
それと、ゲームは好きでも、下手なので(だから一人で遊びたい)、難易度はだいたいの場合イージーかノーマルで遊びます。
(難しいと挫折してしまい、未クリアでやめちゃうので)

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド



もう何も言うことは無いくらいみんな知ってると思うこのゲーム。面白すぎて100時間単位で遊び続けてしまっています。
グラフィックは独特ですが、ベースがパステル調でとても美しい。
それと、BGMやSE!環境音メインで、余計な音がしない所がとても好きです。

欠点を上げるならメイン以外で、クエストのストーリーボリュームが足り無く感じる点。
私はストーリーを楽しむのが好きなので、サブキャラにもいろんなストーリーとクエストがあったら良かったな。
総合的にはおすすめ度MAXなゲームです。

Horizon Zero Dawn



よく、モンハンと比べられてましたが、あんまり似てないと思いますので比べられないと思います。
私なりに説明するとスカイリムの弓特化して、もっともっとバトルに寄せたにしたカンジ。
もちろん攻撃方法や武器の種類もあるので、うまくつかいこなして、機械獣とバトルするのがすごくエキサイティングで面白かったゲーム。一人で巨大な機械獣を倒すと爽快です。
グラフィックは初めて見たときはその綺麗さに声も出ませんでした。スクリーンショット撮りまくってしまうほどキレイ。
シリーズ化にとても期待していますし、続編が出たら絶対買うと思います。

ペルソナ5

↓写真はサントラです。

昨年(2016年9月)発売ですが、今年プレイしたので入れておきます。
オープンワールドではなくて、いわゆるJRPG。
ペルソナシリーズは女神転生シリーズと合わせて昔から大好きすぎて愛がおかしな方向へ行くくらいなんですけど、今回のP5はシリーズでも一番面白かったくらい楽しめました。
買う前は「怪盗…(´・ω・`)?」って感じだったのですが、そんなことすっかり忘れて遊んでました。
ゲームシステムもとても良い方向へ進んでいて、ファンとしては非常に楽しめました。それと、一時期P4シリーズでだいぶポップな方向へ進んでしまい、ダークな雰囲気好きな私としてはやや不満でしたが、今回はダークか雰囲気がかなり戻ってきてくれた感じです。
4月転校生として主人公が登場し、学校とダンジョンを行き来してゲームが進行、翌年の春までという期間の終わりが見えるのも特徴。独特なゲームシステムもとても良いです。
サントラもめっちゃおすすめ。音楽はサイコーに良いと思います。

【日常編】

ダイソン掃除機 Dyson V8 Fluffy


周囲の人が何人も買って使っているらしく、掃除機がほしいといったら勧められました。
なにしろ、とっても高価です。(量販店でも6万円くらい)購入前はこの値段に見合うのかギモンでした。
購入後の良かった点としては、やはりパワー。
うちは、それなりに自動車がとおる道路に面していてホコリが積もりやすいですが、1度でもだいぶキレイになります。
欠点は、音がうるさい、とよく言われていますが、うちの環境だとそうでもないです。
それよりも、個人的には、物理的なサイズ大きいので、小柄な私には結構扱いにくいです。
そのため、この掃除機を買ってから掃除は旦那さんの日課仕事となりました。(わーい)
旦那さんがいうには、「ゆっくり目に動かす」とよくゴミが取れるらしいです。

オイシックスの宅配、KitOisix

今年6月頃から、宅配生活はじめました。 もうなくてはならないものになりました。
過去、生協やネットスーパーなども使ってきましたが、オイシックスが一番好きです。
近年、夫婦の家事分担についてのエントリをよく見ますが、この宅配で問題のいくつかが解決できると思います。
とくにメニューを何にするか考える工程!コレ結構面倒くさいんですよね~。
毎食、自分で考えてると食材や味も偏ってしまうし、レシピしらべる時間を取るし、メニューが決まらないでスーパーにいってしまうと、余計な物を買いがち。そして冷蔵庫で腐る…みたいな悪循環。
その点、オイシックスの料理キット「KitOisix」は、決まった材料がとどいて使い切りのため、便利で、さらに野菜も美味しいです。
うちの旦那さんは生野菜が嫌いですが、オイシックスの野菜だと食べます…。
欠点は少し高価なことや、単身の方向けのキットはないことが上げられるかと思います。
多少高価でも美味しい、安心な野菜がたっぷり、自宅まで届く(重い物は運ばなくて良い)っていう点で、私は相殺できると思っています。

以上、今年買ってよかった物、でした。

C93初音ミク&巡音ルカで参加します!

冬コミC93、参加することになりました!お時間あれば、お立ち寄りください。
うちは午後も残ってると思いますのでゆっくり来て下さいね~。
29日(1日目)オ31b「LUVCO」にて、ジャンルは初音ミク、巡音ルカになります。

■kentax氏の音楽CDのジャケットイラスト担当しました。CD頒布がメインですが、一緒にカラーイラストのコンセプトブックを頒布予定です。
表紙まだ出来てないですが、TwitterやPixivで少しイラストを掲載してますので、良かったらご覧下さい。

Pixivへは下記よりどうぞ。

初音ミク オリジナル衣装 by vesper@1日目オ31b on pixiv

↓こちらはCDジャケットの予定。(巡音ルカ)

ルカオリジナル衣装↓

■サークルのディザーサイト(まだ何もないようです)
http://luvco.net/

■↓こちらはポスター?になるかも?

琴葉姉妹の立ち絵素材配布します

こんにちは、vesperです。琴葉姉妹の立ち絵素材を作りました。
下記よりダウンロード可能です。動画などの制作にご利用ください。

下記リンク先からzipファイルをダウンロードし、解凍すると姉妹毎にフォルダを分けたpngファイルになっています。(背景透過PNG)
表情差分28個同梱しています。
姉妹の向きは、同じになっていますので、ご利用の際は適宜反転してくださいね。
表情は茜も葵もおなじものが入っています。

ご利用時にこのニコニコ静画のページを紹介してくれるととても嬉しいです!

※再配布、商用利用、他者を誹謗中傷する目的、政治や宗教に関する利用を禁じます。

■zipダウンロード(188Mありますのでご注意ください)
http://bit.ly/2xCyoGa

結月ゆかりさん立ち絵は下記においてありますので、よかったら合わせてご利用下さい。

■ニコニコ静画
ニコニコ静画 → 結月ゆかり立ち絵素材

ゆかりさん立ち絵(当ブログ内) http://angeli-x.net/material-yukari-170202/

ティツィアーノとヴェネツィア派展、シャセリオー展

世間ではミュシャ展で盛り上がっていますね。
ミュシャではないですが、先日美術展に行ってきたので感想を書いておこうと思います。

私は元々西洋の絵画が好きで、以前から美術館には足を運んでいたのですが、ここのところなかなか行けてなかったこともあり、1日に2つの展覧会を見て来ました。
どちらも上野で開催している下記の二つです。

  1. ティツィアーノとヴェネツィア派展
    公式サイト:http://titian2017.jp/
    2017年1月21日(土)~4月2日(日) 東京都立美術館
  2. シャセリオー展
    公式サイト
    http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2017chasseriau.html
    http://www.tbs.co.jp/chasseriau-ten/
    2017年2月28日(火)~2017年5月28日(日) 西洋美術館

当たり前のことですが、作品の劣化を防ぐため館内は撮影できないので、写真がありません。
公式サイトに見所がまとめられていますので興味がある方は合わせてご覧下さい。

ティツィアーノとヴェネツィア派展

↓これは会場で購入した図録。表紙がフローラの肖像です。

image

おすすめの作品

■フローラの肖像
こちらの見所はやはりティツィアーノの作品ですね。オススメはなんといっても「フローラの肖像」です。
チケットやチラシにも掲載されている絵画。
実際に肉眼で見るとその華やかさは段違いです。肌が輝くように見え、いつまでも見ていたくなります。
描かれている女性、フローラは女神のことです。(実在した人物ではないそうです)

■教皇パウルス3世の肖像
こちらもじっくり見ておくべき1枚。
その表情といい、布の質感といい、まるで本当にそこにいるような存在感の絵でした。

■ダナエ
ダナエも見応えがありました。かなり大きめの絵画で迫力がありました。

ティツィアーノ以外にもヴェネツィア派の絵画も多く展示され、かなりの点数でした。

シャセリオー展

↓写真は図録です。
image

こちらはシャセリオーの作品が9割ほどで、素描や版画もあり、絵が出来上がっていく課程や物語を想像出来ました。
シャセリオーもやはり肖像画がどれも素晴らしいです。
全体的にタッチが柔らかくて、あたたかみがある作品が多いと感じました。

おすすめの作品

■カバリュス嬢の肖像
展覧会の目玉はチラシにもなっている「カバリュス嬢の肖像」ですね。
とても美人で当時のフランス美人の代表的な絵だと思います。頭の飾り花も素敵です。
背景の色と女性の白いドレスとのコントラストが美しいですね。
実物は想像していたよりも大きめの絵でした。

■アポロンとダフネ
個人的にはこちらもかなりオススメです。
素描も展示があり、少しですがレイアウトを調整して仕上げたのがわかりました。
素描って大切なんだなあと実感。

どちらも見応えのある素晴らしい展覧会でした!
なにより作品を見ることで、自分の創作意欲に刺激を受けますね。

混雑度合いは、それなりに人はいますが、ストレスがたまるほどでもなく、ゆっくり自分のペースで見られました。
グッズコーナーには、図録や絵はがきの他、お香や紅茶、レーステープなどもありました。
パッケージを展示会用にデザインされた食材もありました。

一泊二日で松本旅行へ行ってきたので記録2日目

松本旅行2日目の記録です。下記の記事も合わせてご覧下さい。

■準備編
■1日目

2日目

朝ご飯

珈琲貴族アベで朝ご飯。ホテルの近くだったので、行ってみました。レトロな店内がとても素敵でした。
モーニングメニューは好きな物を注文でき、飲み物と一緒に注文するとトーストも50円と安いです。

旧開智学校

IMG_8149

午前中に旧開智学校を見学に行きました。松本城から徒歩で行ける距離で、行きやすく建物がレトロでかわいいです。

すべての写真-1658
和洋折衷?な建物です。ブルーが綺麗ですね。
内部も見学できます。(有料)

IMG_8182

当時使われていた教科書、机や椅子、調度品、資料も色々置かれていました。
教育面での歴史や時代を感じられすてきな学校でした。

お昼ごはん

長野と言えば蕎麦ということで、旧開智学校と松本城の間にあるおそば屋さん「もとき」へ行きました。

すべての写真-1661

ここの蕎麦は、白っぽく、かなりもちもちしていました。普通のそばとずいぶん違う食感。かなり美味しいと感じました。
運が良くすぐ入れましたが、店内は満席でかなりの人気店です。予約で訪れている人も多く、納得の味でした。

お昼ご飯の後は松本城の公園の中を散歩しながら繁華街へ戻りました。

カフェ栞日

帰りの電車まで時間が少々あったので、ことりっぷで見たカフェに一軒寄ってみました。
栞日というBookカフェです。
松本駅からは大通りをすこし(5分くらい)歩きます。
ガイドブックに乗っていた場所に移転の張り紙がしてあり、5軒先になったとのことで、そのまま行ってみました。
活版印刷の機械が置いてあり、目印になります。

IMG_8305

カフェオレ、チャイ、スコーンをいただきました。美味しくて暖まりました。

20170312-133335-46
20170312-133348-48

内装がまるで外国のようで、空間も広くとてもオシャレで素敵な店内でした。
残念ながら2Fを見る余裕はなかったのですが次回は訪れたいです。
公式サイトを見ると、中期滞在向けのホテルもされているようですね。(別の建物かな?)
夫婦合宿に使えそうだと思いましたのできっかけがあれば…

もう少しゆっくり出来ればよかったのですが残念ながら帰りの電車の時間も迫り、お土産にりんごバターや野沢菜、コンフィチュール等を松本駅の横MIDORIの4Fお土産コーナーで購入しました。

まとめ

【1日目】
10:00新宿発スーパーあずさ→12:35松本駅到着→ホテルに荷物預ける→松本城→お昼→縄手通り、中町通り→ホテルへチェックイン→晩ご飯

【2日目】
朝ご飯(珈琲美学アベ)→旧開智学校→昼ご飯(もとき)→縄手通り→栞日→お土産(駅・MIDORI)→14:49分発スーパーあずさ→17:30ごろ新宿着

松本城は素晴らしく、天気にも恵まれてお城はやっぱり良いな!というのが一番の感想。
周囲の山々も美しいですし、さわやかで空気が綺麗に感じました。

今回の旅は急に計画して行ったのですが、(時期もあるかも知れませんが)かなりのんびりと楽しく過ごせました。
都心からも行きやすく、移動距離も短くて週末旅にはぴったりなところだなと思いました。

縄手通り~中道通りのノスタルジックな雰囲気の漂う街並みもステキでした。
店も多く、駅から松本城付近まで繁華街なので、コンビニやカフェも多く便利で安心できます。

繁華街といっても、都内より人が少なくて、店や歩道も広く、混雑も感じないため歩きやすいです。
都心で人疲れしてる方にはオススメの旅先です。

一泊二日で松本旅行へ行ってきたので記録1日目

松本旅行記、1日目です。

長くなったので下記のように日ごとに記事を分けていますので、良かったらご覧下さいね。

■準備編
■1日目(この記事)
松本城、縄手通り~中町通り、新みよし
■2日目
旧開智学校、もとき、栞日

1日目に行ったところ

松本城

今回の旅の目的でもある松本城をはじめに見にいきました。
天気予報は土日二日間とも晴でしたが、明日は曇ってしまうかも知れないですし、快晴のうちに行きました。

松本城は城主が何度も変わっているそうです。その際各時代で拡張されているそうです。
二の丸三の丸は後から出来ているそうです。

要塞としての機能が強く、場内も色々な設備があり、見応えありました。
歴史好きな方はオススメですね。

IMG_8084

松本城は、特に堀からながめると背景に山々、城壁の黒が映えて素晴らしいと思います。
まずは堀から1枚。

IMG_8101

天守閣まで登ってきました。
内部はフラッシュを使わないなら撮影可能でしたが、階段で疲れてしまってあまり撮影できませんでした。

天守閣までの階段がいくつかありますが、そのうちのいくつかはとんでもなく急です。
4~6階の階段は、こどもやお年寄りはかなりキツイ(行けるけどキツイ)と思います。

そのため、上がり降りにとても時間がかかる上、階段の横幅がかなり狭い所がいくつかあり、すれ違いながら通るため、さらにゆっくり進まないとなりません。

この急な階段は普段動かない&背の低い私にもかなりキツかったです。
(翌日筋肉痛になりました…)
階段が急勾配?なのに加えて、一段毎の段差もかなりありました。

なので、天守閣まで行くなら、女性は絶対スカートで行かない方が良いですね。

この日は比較的すいていたようで、途中までは列もなく、スムーズに行けたのですが、4~6階までの階段ではゆっくりすすまないとならないので、すこしだけ前の人達が進むのを待ちました。

天守閣からは市内が一望できました。遠くの山も綺麗です。

城内は、火縄銃などの鉄砲、以前の修復時に見つかった古いパーツなどがたくさん展示されていて見応え充分です。特に銃火器は様々な種類の物が展示されており、とても面白くて博物館としても楽しめました。

周囲の堀は野鳥が多く、カモや白鳥がゆったりとしていました。
IMG_8136
IMG_8131

お城に行く途中、町の所々には井戸が湧いていました。
IMG_8074

お昼ご飯

お城を見学した後は、縄手通りのSweetというベーカリーカフェにて、ホットサンドとオムライスをいただきました。
女性客がおおく、明るい店内でした。
すべての写真-1638
すべての写真-1636

私はホットサンドとカフェオレを注文。散策の休憩にオススメです。

縄手通り・中町

縄手通りの横に川が流れています。橋の横にある外灯もレトロで素敵でした。

縄手通りは庶民的な通りですね。縄手通りはカエルのモチーフがシンボルだそうです。レトロな雑貨、カエルの雑貨のお店などがいくつもあり、雑貨好きには楽しい通りです。色々見てるとあっという間に時間が経ってしまいます。
通りのすぐ横に四柱神社があります。4人の神様がまつられていました。

IMG_8119
IMG_8120

中町通りは白い壁で昔の蔵を彷彿とさせる通りでした。レトロな感じのものも多いですね。
途中見つけた漆器のお店の看板もしぶいです。

IMG_8128

縄手通り~中町通りあたりはカフェが多くあり、歩き疲れてもすぐお店に入れますね。
今回は入りませんでしたが「珈琲まるも」そば屋の有名店「弁天本店」、定食の「おきな堂」など気になるお店が多かったです。

おしゃれな雑貨屋が多く、見ながら歩いているとあっという間に時間が経つ楽しい通りでした。
食器や木製の雑貨が好きな方は楽しめると思います。

和スイーツのお店もあります。「竹風堂」で栗どらやき「どら焼山」を購入しました。
どら焼山

都心と違い、お店は閉店時刻が全体的に早いので、明るいうちの散策が良さそうです。

夜ご飯

夜の予定を何も決めてなかったのでスマホで検索したところ、松本は馬肉が有名(肉と言えば馬というほどらしい)とのことで、ホテルの目の前のお店に行ってみました。
新みよしという店名で、有名店のようでした。
土曜日でしたので、予約で埋まっていてかなり待ちましたが、馬刺しを初めとした馬肉料理にありつけました。
店内は広く、2Fもありました。客層はファミリー層やグループ客がほとんどです。地元の人も多そうな感じでした。

写真は馬刺しの5種盛り。
馬刺しの5種盛り

揚げ串。
揚げ串

わさびと馬刺しのサラダ。わさび漬けが辛いですがとても美味。
わさびと馬刺しのサラダ

地酒は日本酒、焼酎もかなり色々ありました。

2日目

珈琲貴族アベで朝ご飯。ホテルの近くだったので、行ってみました。レトロな店内がとても素敵でした。
モーニングメニューは好きな物を注文でき、飲み物と一緒に注文するとトーストも50円と安いです。

旧開智学校

IMG_8149

午前中に旧開智学校を見学に行きました。松本城から徒歩で行ける距離で、行きやすく建物がレトロでかわいいです。

すべての写真-1658
和洋折衷?な建物です。ブルーが綺麗ですね。
内部も見学できます。(有料)

IMG_8182

当時使われていた教科書、机や椅子、調度品、資料も色々置かれていました。
教育面での歴史や時代を感じられすてきな学校でした。

お昼ごはん

長野と言えば蕎麦ということで、旧開智学校と松本城の間にあるおそば屋さん「もとき」へ行きました。

すべての写真-1661

ここの蕎麦は、白っぽく、かなりもちもちしていました。普通のそばとずいぶん違う食感。かなり美味しいと感じました。
運が良くすぐ入れましたが、店内は満席でかなりの人気店です。予約で訪れている人も多く、納得の味でした。

お昼ご飯の後は松本城の公園の中を散歩しながら繁華街へ戻りました。

カフェ栞日

帰りの電車まで時間が少々あったので、ことりっぷで見たカフェに一軒寄ってみました。
栞日というBookカフェです。
松本駅からは大通りをすこし(5分くらい)歩きます。
ガイドブックに乗っていた場所に移転の張り紙がしてあり、5軒先になったとのことで、そのまま行ってみました。
活版印刷の機械が置いてあり、目印になります。

IMG_8305

カフェオレ、チャイ、スコーンをいただきました。美味しくて暖まりました。

20170312-133335-46
20170312-133348-48

内装がまるで外国のようで、空間も広くとてもオシャレで素敵な店内でした。
残念ながら2Fを見る余裕はなかったのですが次回は訪れたいです。
公式サイトを見ると、中期滞在向けのホテルもされているようですね。(別の建物かな?)
夫婦合宿に使えそうだと思いましたのできっかけがあれば…

もう少しゆっくり出来ればよかったのですが残念ながら帰りの電車の時間も迫り、お土産にりんごバターや野沢菜、コンフィチュール等を松本駅の横MIDORIの4Fお土産コーナーで購入しました。

まとめ

【1日目】
10:00新宿発スーパーあずさ→12:35松本駅到着→ホテルに荷物預ける→松本城→お昼→縄手通り、中町通り→ホテルへチェックイン→晩ご飯

【2日目】
朝ご飯(珈琲美学アベ)→旧開智学校→昼ご飯(もとき)→縄手通り→栞日→お土産(駅・MIDORI)→14:49分発スーパーあずさ→17:30ごろ新宿着

松本城は素晴らしく、天気にも恵まれてお城はやっぱり良いな!というのが一番の感想。
周囲の山々も美しいですし、さわやかで空気が綺麗に感じました。

今回の旅は急に計画して行ったのですが、(時期もあるかも知れませんが)かなりのんびりと楽しく過ごせました。
都心からも行きやすく、移動距離も短くて週末旅にはぴったりなところだなと思いました。

縄手通り~中道通りのノスタルジックな雰囲気の漂う街並みもステキでした。
店も多く、駅から松本城付近まで繁華街なので、コンビニやカフェも多く便利で安心できます。

繁華街といっても、都内より人が少なくて、店や歩道も広く、混雑も感じないため歩きやすいです。
都心で人疲れしてる方にはオススメの旅先です。

一泊二日で松本旅行へ行ってきたので記録 準備編

週末を利用して松本城を見にいってきましたので、その時の記録を書いておこうと思います。
これから松本へ旅を計画してる方の参考になれば幸いです。

ちなみに旅行は年に2~3回行きます。(主に国内)

長くなったので、記事を3つに分けました。よかったら下記の記事も合わせてご覧下さい。

■準備編この記事
■1日目
■2日目

訪れたきっかけ

今回の旅のきっかけは単純で「松本城を見たい」でした。
一度も訪れたことがないので、1度は現地へいって直接この目で見たいな、と思っていました。

準備

松本への行き方を調べる

松本城を見ることが今回の旅の目的なのでまずは都心から松本城までの行き方を調べました。

  • どこの駅が最寄りか?
     → JR松本駅から徒歩で行ける(10分くらい)
  • 新宿駅など山手線内から松本駅までの行き方は?
    → 新宿駅始発の直通(終点松本駅)で、特急スーパーあずさ or 特急あずさ、高速バス がある。
  • 乗車時間は?
    → 2時間30分~50分程度
  • 特急スーパーあずさ、あずさの本数 → 1時間に1~2本

出発の3日前にえきねっとで空席を探したところ、指定席にぼちぼち空きがありましたので、そのままえきねっとで予約し、その日の夜には最寄り駅の自動券売機(みどりの窓口)で切符を受け取りました。

えきねっとで予約すると「トクだ値(乗車券付)」でかなり割引きになるのでこちらを利用しました。(路線によって価格が違うようです)
この日(2017年3/11、3/12)はスーパーあずさ、2人分片道8,960円(往復17,920円)で買えました。

宿泊するところを決める

ホテルは、流石に直前の予約だと旅館は厳しかったので、旅行費用も抑えたかったこともあり、ビジネスホテルを予約しました。

天然温泉梓の湯ドーミーイン松本

出張・お仕事でのホテルご利用に『直前10日間最安値カレンダー』

レビューもチェックしましたが評判も良かったことと、松本駅から大通りを歩いて徒歩5分と駅から近いこともありこちらに決定。

出発前日に一休から予約しましたが、直前割りというプランでかなりお安く宿泊できました。
金額は安いですが施設は綺麗で大浴場もありなかなかよかったです。

この日は2人で11,900円でした。(朝食なし、部屋の指定なしのおまかせプラン。ちなみに夫婦2人、ダブルベッドでした)
ツインを確約したい方は別のプランの方が良いと思います。



当日

現地まで

スーパーあずさに乗りました。座席はよくある古い特急列車ですね。椅子は堅いですが長時間ではないのでまあ普通かな。列車自体は古いですのでそれなりです。
乗車時間は2時間30分ほど

車窓は次第に山になっていく風景が「旅行してる感」を盛り上げてくれます。
途中、気圧の関係で耳がすこし痛くなりますね。

上諏訪駅付近で、諏訪湖が住宅のスキマからちらちら見えました。ほんとに隙間からでしたが。

現地到着後はひとまずホテルに行き、荷物をあずかって貰いました。
チェックインも同時にしていただけて、ホテルの対応は良い方だと思います。(チェックインは時間にならないとしてくれないところが多いので)

気温

土曜~日曜日ともお天気は良くて、雨や雪の心配はありませんでしたが、それでもかなり寒いと思いました。
セーターとダウンコートを着ていきましたが正解でした。
日中はそれほどでもないのですが、特に日が落ちてからは冷え込みが厳しかったです。

というわけで、いよいよ当日です!
長くなったので下記のように日ごとに記事を分けていますので、良かったらご覧下さいね。

■1日目
松本城、縄手通り~中町通り、新みよし
■2日目
旧開智学校、もとき、栞日

弦巻マキ立ち絵素材配布します

こんにちは、vesperです。
時間がかかってしまったのですが弦巻マキの立ち絵素材です。
下記よりダウンロード可能です。動画などの制作にご利用ください。

下記リンク先からzipファイルをダウンロードし、解凍するとpngファイルになっています。
(背景透過PNG)
表情差分29個同梱しています。
ご利用時に私のブログか、ニコニコ静画のページを紹介してくれるととても嬉しいです!

※再配布、商用利用、他者を誹謗中傷する目的、政治や宗教に関する利用を禁じます。
■zipダウンロード
http://bit.ly/2lRwrQ9

結月ゆかりさん立ち絵は下記においてありますので、よかったら合わせてご利用下さい。

■ニコニコ静画
ニコニコ静画 → 結月ゆかり立ち絵素材

ゆかりさん立ち絵(当ブログ内) http://angeli-x.net/material-yukari-170202/

ニンテンドーSwitch届きました

ブログの投稿は遅くなりましたが、発売日にニンテンドーSwitchを入手しました。
ヨドバシカメラの通販で購入。色はグレーを選びました。
コントローラーが赤と青という組合わせより統一感のある方が好きだったのでこちらにしました。

開封の時の写真を掲載してみます。
箱は思っていたより小さいなと思いました。箱自体が保証書になっているようですので、捨てないようにしないとなりません。

あと、本体の説明書がありません。箱の横に色々書いてあります。最近はソフトも説明書がありませんが、その流れですね。まあ実際あったところであまり読まないですが…

IMG_0584

本体とコントローラーが写真のように入ってました。
本体は、充電されていて(半分くらいだったかな?)すぐに電源を入れることが出来ました。

IMG_0588

コントローラーを本体の両側に挿してこんな感じ。
大きさは結構大きいので、それなりに重たいです。長時間持ってると腕が痛くなると思います。
画面は大きくて見やすいです。

設定中。
IMG_0590

スタンドで立たせたところ。(裏にスタンドがあります)
IMG_0595

コントローラーをアダプタ?につけたところ。手にもってみると大きめのコントローラーって感じです。
IMG_0598

本体をアダプターへ挿してみたところ。画面は全然見えません。
IMG_0599

大きさ比較してみました。
ニンテンドーSwitch(右)、PSVita(中)、iPhone6Plus(左)。

switch-hikaku

一緒に購入したゼルダの伝説パッケージ。
空けるとゲームカートリッジしか入ってません…パッケージ外箱がもうちょっと小さくても良かったんではないかなって思っちゃいますが。
IMG_0597

しばらく遊んでみましたが、やっぱりテレビに映した方がプレイはしやすいですね。
PSVitaや携帯端末のほうが好きな人は、本体の画面でも充分遊べます。

今後のラインアップで購入を決める人も多いと思いますが夏にスプラトゥーン2が発売予定なので、その頃までは品切れ続きそうですね。

ニンテンドーSwitch(amazon)